Sphere-Being Alliance







SphereBeingAlliance

Proficient volunteer native translators in


French, Italian, Dutch

are required

Kindly contact


Tuesday, September 27, 2016

ITALIANO -- Stagione 1, Episodio 2

Divulgazione Cosmica: Primo Incontro

Stagione 1, Episodio 2

 admin    14 lug 2015

Don't forget to subscribe to Gaiam TV so you can watch Corey on this, and other episodes of "Cosmic Disclosure".
David Wilcock: Beh Corey, questa è stata davvero una folle avventura. Hai iniziato a parlare con me, praticamente ogni giorno penso, quando era, forse l’ottobre scorso, 2014?
Corey Goode: È stato verso ottobre, sì.
David : Qualcosa del genere. E quando abbiamo iniziato a parlare di questo [argomento], e quando abbiamo iniziato a parlarne eri solo un altro insider che si faceva avanti, E poi a un certo punto decidi di divulgare il tuo nome, visto che alcune persone, dopo aver fatto un’indagine, lo avevano scoperto. E sei stato trascinato in questa alleanza, con cui fino ad allora, non avevi avuto un gran contatto. Giusto? È stata una novità che è successa dopo che avevamo cominciato a... dopo che il tuo nome era saltato fuori, che hai iniziato a rilasciare più informazioni. 
Corey : Giusto. Il mio nome è stato portato all’alleanza e da questo nuovo gruppo dei Blue Avians [Aviari Blu]. Hanno fatto il mio  nome, che volevano che fossi una liaison [un collegamento] tra loro ed altri gruppi. Quindi sono stato, in un certo qual modo, spinto a farlo. 
David : Questi Aviari Blu avevano mai parlato con le persone del programma spaziale, prima? 

Saturday, September 24, 2016

ITALIANO -- Stagione 6, Episodio 2

Divulgazione Cosmica: Il ritorno di Gonzales

Stagione 6, Episodio 2

 admin    14 set 2016

Don't forget to subscribe to Gaiam TV so you can watch Corey on this, and other episodes of "Cosmic Disclosure".
David Wilcock: Ok, bentornati a “Divulgazione Cosmica". Sono il vostro presentatore, David Wilcock:. Qui con me c’è Corey Goode, e ci addentreremo ulteriormente negli aggiornamenti che ha da condividere con noi. Ci saranno delle notizie veramente sorprendenti. Allora, Corey, bentornato alla nostro trasmissione.
Corey Goode: Grazie.
David: Ora passiamo a quel che è successo in seguito.
Corey: Sono stato trasportato in una Sfera Blu ad uno di quegli incontri, e Gonzales era lì. Ed era stato via con il gruppo distaccato dei Maya per guarire, ed era una persona completamente diversa.
David: Esaminiamo un po’ quanto hai detto. Cosa ti è successo quando il contatto è iniziato?
Corey: Quando il contatto è iniziato, avevo, come detto, visto Tear-Eir e una silhouette accanto a lui. E quella persona in piedi accanto a lui si rivela essere Gonzales, che non avevo visto da un po’.
David: Beh, deve essere stato preoccupante, perché era stato piuttosto ostile nei tuoi confronti, in precedenza.

Wednesday, September 21, 2016

FRANÇAIS -- Prenez garde aux faux dénonciateurs du SSP

Prenez garde aux faux dénonciateurs du SSP

Déformation de la vérité pour coller à leurs systèmes de croyances et aux religions sur les Ovnis.

 admin    14 sept. 2016 : 18:06

S’il vous plaît, prenez garde à certains des nouveaux dénonciateurs du “SSP” qui sont apparus récemment. Ils font principalement un mélange entre leur imagination et les données que j’ai révélées. Il y a beaucoup de gens qui tentent de déformer les informations que j’ai révélées en les incluant dans leur propre système de croyances et autres religions basées sur les ovnis. Ils ont juste à faire coïncider ces nouvelles informations avec leur système actuel de croyances.

Ceux qui disent avoir récemment rencontré les Aviens Bleus ou des êtres à la Tête Triangulaire dorée et qui disent “savoir” d’où viennent les Aviens Bleus, fournissent des informations fortement erronées qui causent beaucoup de confusion et de dommages à ceux qui sont impliqués dans le MILAB et les programmes du SSP.

Cela configure également le mouvement entier de divulgation. Il y a une personne d’Ukraine qui fait le tour activement à la recherche d’interviews afin de parler de ces sujets. Je confirme à 100% que cette personne n’a AUCUNE connexion avec le SSP autre que le fait d’avoir fait partie des personnes enlevées par les militaires du SSP après avoir été enlevées par les Ets pendant les années 90 et début 2000.


Tuesday, September 20, 2016

FRANÇAIS -- Saison 6, Épisode 2

DIVULGATION COSMIQUE : LE RETOUR DE GONZALES

Saison 6, Épisode 2

 admin    14 sept. 2016 : 15:10

N'hésitez pas à vous abonner à Gaiam TV, ainsi vous pourrez voir Corey dans cet épisode et d'autres de 'Cosmic Disclosure'.
David Wilcock : Bien, bon retour à “Divulgation Cosmique”. Je suis votre hôte, David Wilcock. Corey Goode est ici avec moi et nous allons parcourir les mises à jour qu’il a partagées avec nous. Et cela figure parmi les choses les plus étonnantes que nous ayons entendues. Corey, bon retour dans l’émission.
Corey Goode : Merci.
David : Examinons ce qui vous est arrivé.
Corey : J’ai été amené dans une Sphère Bleue pour une de ces réunions et Gonzales était là. Il était parti avec le groupe des séparatistes Mayas pour des soins et c’est aujourd’hui une personne totalement différente.
David : Arrêtons-nous sur cela un petit peu. Que vous est-il arrivé quand ce contact a commencé ?
Corey : Quand le contact a commencé, j’avais, comme je l’avais mentionné, vu Tear-Eir et une silhouette près de lui. Et il s’est avéré que cette personne se tenant près de lui était Gonzales. Je ne l’avais pas vu depuis quelques temps.
David : Et bien, vous deviez être préoccupé parce qu’il était plutôt hostile envers vous.

Corey : Oui. Pour être honnête, au début quand je l’ai vu, je me suis senti un peu angoissé, mais il avait un regard complètement différent. Il n’avait pas l’air renfrogné. Il n’avait pas les sourcils froncés ni de tension dans ses mâchoires.

Son regard était totalement différent. Il avait l’air sympathique. 


Nederlands -- Corey Goode Intel Update Part 2 August 2016 -- Complete

Corey Goode Intel Update Part 2

August 2016

 admin    22 aug 2016 : 16:00
  kaareeintelansharmicca    80

Raw-Tear Eir begroette me op de normale wijze. Raw-Rain-Eir, Raw-Mare-Eir en het Gouden Driehoek Hoofd Wezen bleven in positie ongeveer 30 feet weg (= plusm.90 cm)en schenen hun aandacht in mijn richting te hebben gelegd.

Raw-Tear-Eir begon toen met me te communiceren en gebruikte dezelfde bewoording als die gezien worden in de Law of One.

Toen ik in Joshua Tree was voor de conferentie van deze voorbije zomer had ik een ervaring die me niet op mijn hoede liet zijn. Het begon toen veel van de luisteraars bij het Contact in de Woestijn enige tijd een blauw knipperend licht aan de hemel zagen, op zeer grote hoogte. Er was geen begeleidend rood licht zoals je normaal bij een vliegtuig zou zien. De “blauwe knipperaar” bewoog helemaal niet zoals een vliegtuig deze ging voor en achteruit en van de ene naar de andere kant in andere patronen. Ik riep David in opwinding toen ik het zelf zag en gauw ging hij naar buiten en observeerde het ook uitgebreid.

De volgende morgen was ik in mijn kamer en lag op het bed toen ik plotseling een koor van stemmen hoorden van alle leeftijden en ook van beide geslachten die herhaalden: “Wij zijn de boodschappers en helpers van de Ene Oneindige Schepper.” Ik sprong direct uit bed en ging naar buiten om te zien of de bron van de stemmen zichtbaar was. Ik zag niks en toen ik het woestijn terrein afzocht en de hemelen erboven, stopten de stemmen. Ik ging weer de tent in en zat op het bed, ik vroeg me af wat er net was gebeurd. Ik keek mijn kopie na van de Wet van de Ene)(Law of One) (Boek Een) die boven aan het bed lag.


Monday, September 19, 2016

Japanese -- コーリー・グッド最新情報 パートⅡ 2016年8月

コーリー・グッド最新情報 パートⅡ

2016年8月

 admin    22 8月 2016 : 16:00
  kaareeintelanshar    35

ロー・ティール・エールはいつも通りに挨拶してくれました。ロー・レイン・エール、ロー・マール・エールとゴールデン・トライアングル・ヘッドの存在は10メートル先にいて、どうやらこちらに注意を向けているようです。
ティール・エールは「一なるものの法則」と同じ言葉使いで私と交信し始めました。
この夏、私がヨシュア・トゥリーでカンファレンスに出席していた時、思わぬ体験がありました。「砂漠でのコンタクト」のイベントで、空高く点滅している青い光を、多くの出席者がしばらく見ていました。通常の飛行機であれば、対となる赤いライトがあるのですが、それはありませんでした。しかも、点滅する青い光は飛行機とは全く違う動きをしていました。前後に動いたり、左右に動いたり、いろいろと違うパターンで動いていました。私が自分の目で確認すると、興奮してデービッドに電話しました。彼もすぐ外に飛び出してしばらく観察しました。
次の朝、キャビンのベッドにいたら、突然あらゆる年齢層の混声コーラスが聞こえてきました。「我らは唯一で無限の創造者の言霊を使わし者なり、世話する者なり」と繰り返していました。私はすぐベッドから飛び上がり、外に出て声の主を見つけようとしました。広がる砂漠をいくら探しても、上空を見回しても、何も見つかりませんでした。やがて声が止みました。キャビンに戻ってベッドに座り、何が起きたのかを考えました。ベッドボードの宮棚に置いてある「一なるものの法則」(第一巻)をちらっと見ました。
もう何ヶ月間も、その本を読もうと試みました。でもいくら読んでも、何も頭に残りませんでした。いままでは読もうとすると、必ず気が散ってしまいます。無理に先を読み進もうとすると、文字がまるでページの上に浮かび上がるように見えて、少しめまいと吐き気さえしました。
その時、なんとなく手を伸ばしてその本を手に取りました。そしてはじめてその本を読んで内容が頭に残るようになったのです。本を読み終えた後、次にティール・エールに会ったとき、本と同じ言葉使いで話しかけてきたのには驚きました。それから、彼に直接に質問して、人間の言葉に置き換えやすい答えが返ってくるようになったのです。
それから約一週間後、また部屋に入った青いオーブに起こされました。今回の会合にも事前の連絡はなかったので、心の準備や着替えはできませんでした。連れて行かれた球体では、ティール・エールが待っていました。そこで、混声合唱で聞いたあのフレーズは、ゴールデン・トライアングル・ヘッドの存在からの最初のコンタクトであったことを知らされました。ティール・エールは彼の名前を教えてくれましたが、非常に短い音で、殆ど発音不可能でした。ただ、全体の話の流れから、その名前を使われたとき、それは誰を指して言っているのかは理解できました。
冒頭の会合に話を戻しますが、ティール・エールは目の前に立っている私に交信しはじめました。私の意識は回りの宇宙絶景に引き戻されました。球体は金星や地球に向かってゆっくりと動き、太陽系外への旅を続けています。ますます消えていくように見えました。前回でも見かけたように、太陽は奇妙な放電をパチパチとしています。太陽のコロナから、円弧状の電気からなる光の輪が拡散しているように見えました。
そして、私はティール・エールから次の映像を受け取りました。太陽が一連の強力なエネルギ爆風を、脈打つように発散して、その波を地球の磁場に打ち付けて、地球の回りを包んでいるように見えました。エネルギは北極点と南極点から地球の核に流れ込み、そこから地表に流出しました。


JAPANESE -- コーリー・グッド最新情報 パートⅠ 2016年8月

コーリー・グッド最新情報 パートⅠ

2016年8月

 admin    16 8月 2016 : 16:00
  

我々の惑星は、人々の想像を遥かに超えた変化をいま遂げようとしています。ETは紛れもなく実在します。それだけでなく、人々の想像以上に、悪意のETも善意のETも私たちの人生と深く関わっているのです。数千年も前から受け継がれてきた古典のスピリチュアル的な教えがあります。それをないがしろにする人が多いけれども、結果的に見れば、それこそが何よりも重要なものであり、私たちが学習し、実践すべきものだったのです。
殆どの人には知られていませんが、秘密宇宙プログラムというものがあります。私はその中で20年間も業務に携わってきました。私以外にも、多くの内部関係者が次々と現れています。私とは全く無関係の航空宇宙技術者であるウィリアム・トンプキンスは、私の証言の多くを裏付けています。トンプキンスはガイアTVで週一回放送されるコズミック・ディスクロージャーにも登場しています。その番組のおかげで、私は自分のメッセージを、CNNの視聴者数以上の視聴者層に伝えることが出来ました。
私が見聞きしたことを裏付ける実世界の情報も増え続けています。コズミック・ディスクロージャーで私をインタビューするデービッド・ウィルコックは6月19日に、確認可能な証拠とともに、分かりやすい要約を発表してくれました。その記事の末尾の最新情報部分に、彼が別のコズミック・ディスクロージャー収録のために、コロラドに飛び立つ直前に明らかになったことが書かれています。この話を追いかけている方なら、是非とも目を通すべきです。
証明可能な事実として、とても奇妙な流星の目撃例が複数報告されています。これは広く知られていることです。6月2日にアリゾナ州のフェニックス上空に現れた荒れ狂う筋状のパターンについて、NASAは小惑星の仕業と主張しました。このような出来事は内部関係者の間では大きな懸念事項になっています。彼らは超先進的な宇宙船が人口の密集する都市部に墜落しないかと心配しているのです。
私が受け取った情報によると、善意のETと、悪意のETと他の地球組織の間に戦争が行われているそうです。このような撃ち落としの頻度がさらに上がりそうです。それはやがて目に見える現象になっていくかもしれません。この情報はデービッドの記事に書かれた出来事によって、すぐに立証されました。
この物語の重要な登場人物はカバールという悪の組織で、新世界秩序とも呼ばれています。殆どの人は知りませんが、カバールに太刀打ちできる同盟組織は地上にも、秘密宇宙プログラムの中にもいます。カバールがこの惑星で続けてきた金融と政治的な支配は組織的に転覆されようとしているのです。
地上の地球同盟の中にかなり大きな割合を占めているのは、正義のために戦っているアメリカの国防と情報局の共同体です。隠された真実を暴露するために、彼らは広範囲なコンピューターハッキングをしました。民衆への完全開示を行うため、近いうちにこれらの大量の情報が公開されるそうです。その中には、カバールの数々の悪事と、秘密宇宙プログラムの真実は含まれています。


rd


info@exopoliticsportugal.com

HOME - ALL BLOGS