Sphere-Being Alliance

Thursday, December 31, 2015

Castellano -- Season 2, Episode 16


Season 2, Episode 16

Don't forget to subscribe to Gaiam TV so you can watch Corey on this, and other episodes of "Cosmic Disclosure".

DW: Welcome to "Cosmic Disclosure." I'm your host, David Wilcock, and I'm here with Corey Goode. We are now getting into some of the most recent updates, having built the foundation of a discussion about the immense problem faced by the entire space program and all the different intelligent civilizations working with them from artificial intelligence, or AI. This was a necessary foundation for us to build before we get into the updates that have come to us from the Alliance through Lieutenant Colonel Gonzales, which is the pseudonym that we're using for his own protection. So now here with more about Gonzales and the updates from the Alliance is Corey Goode. Corey, welcome to the show.

CG: Thank you.

DW: This is AI problem that we've been speaking about has affected the space program so dramatically that you said no one can go to these Super Federation conferences without being scanned for AI. Is that correct?

CG: You can't even go to the Lunar Operation Command. You can't interfere with any technology unless you've been scanned and cleared.

DW: If the signal is out there trying to do its magic, then can't it, infect, in any way that it wants? What does it need to be in a person? How does that affect the way that it works?
CG: Well, the person is used as a Trojan horse to get past the basically shielding defenses that keep it out.

DW: I see. So there's a force field that will block the AI but if it can be stored inside a person, such as through nanites, then they can actually defeat that shield.

CG: Correct.

DW: OK. Now you said something extremely provocative in the last episode that I'd like to get back to, and that is tell us again the story about these Draco. How did they find the Draco bodies that had AI in them? How did that happen?

CG: Well, to get there I really need to start at the beginning. When I was at Gaiam the last time for a week, shooting the first episodes, in my absence Lieutenant Colonel Gonzales was tasked to attend two major meetings in my absence. One of them was with a group that I had honestly refused to go and visit again, and this was the Draco Alliance Federation. 

I had had a very, very horrible encounter with one of what is described as a White Draco Royal, which is a reptilian being that is 14 feet tall, has a vestigial tail, vestigial wings, and is extremely, extremely powerful. I have interfaced, which is what we call, as we've said before, communicating telepathically with nonhumans.

I had interfaced with a number of beings and had never had such an invasive communication experience that I did with this one.

DW: Now, why would these loving sphere beings that wanted you to be their delegate, why would they ask you to have to go in there and have a meeting with what would be the biological equivalent of the devil?

CG: It's part of the job.

Translator: Andélei

Castellano -- Temporada 2, Episodio 13 -- Preguntas de los Televidentes Parte 1


Divulgación Cósmica: Preguntas de los Televidentes  Parte 1
Temporada 2, Episodio 13

 No olvide suscribirse a Gaiam TV para que pueda ver a Corey en este y otros episodios de "Divulgación Cósmica".

DW: Bueno, bienvenidos a "Divulgación Cósmica." Soy su anfitrión, David Wilcock. Estoy aquí con Corey Goode, y estamos hablando sobre el Programa Espacial Secreto. Y en este episodio tengo una copia impresa de las preguntas que ustedes han formulado en los foros de comentarios en las áreas que tenemos en la parte inferior de cada episodio. Estamos leyéndolas. Estamos interesados ​​en lo que tienen que decir, y nosotros queremos tratar de mantener esto como una discusión de la comunidad y no sólo como algo que esté relegado a lo que se me ocurre preguntarle en cualquier episodio en particular.

Así que esto es una especie de bolsas de sorpresas. Vamos a tener una serie de cosas diferentes para hablar, y vamos a ver a dónde va. Así Corey, bienvenido al programa.

CG: Gracias.

DW: Bien, así que la primera pregunta que tenemos es de banjoman1437. Cuando dicen que nuestro cúmulo local se está situando en un lugar de vibración más alta, ¿quieren decir que físicamente nuestro cúmulo de estrellas se está convirtiendo en una parte de la galaxia donde hay vibraciones inherentes superiores? ¿o quieren decir que estamos ascendiendo de tercera y cuarta densidad a la quinta y sexta, lo que sería más bien un enfoque holográfico al sentido de lugar y ubicación?

CG: Esta fue una pregunta capciosa. Pero lo que he hablado es si, desde el centro de la galaxia hay constantemente toda una serie de rayos, diferentes tipos de energías que están en constante flujo y reflujo desde el centro de la galaxia que cargan la Tierra y el sistema solar.

DW: La ciencia convencional dice que el centro de la galaxia es un agujero negro, pero entonces usted no puede verlo. Ellos dicen, oh, se esconde detrás de ese grupo gigante de estrellas en el centro.

CG: Correcto. Pero, como sabemos, la galaxia es un campo de torsión gigante. Y tiene un plano un tanto eclíptica con parte del campo, como el norte y el sur, diferentes campos que giran en direcciones diferentes.

DW: Contra rotatorio.

CG: Contra-rotatorio.

Translator: Andélei

Wednesday, December 30, 2015

Japanese -- シーズン2、エピソード13


コズミック・ディスクロージャー: 視聴者からの質問パート1

DW: さぁ、「コズミック・ディスクロージャー」にようこそ。私は司会のデイヴィッド・ウィルコックです。コーリー・グッドを迎え、秘密宇宙プログラムについて話しています。今回は、エピソードごとに寄せられたコメント・フォーラムに投稿された皆さんからの質問を印刷して持ってきました。それを読んでいきましょう。我々は皆さんの考えに興味があります、ただ私が思いつく質問だけで進行させるのではなくコミュニティ・ディスカッションの場としてゆきたいと思っています。今回はいろんな質問が入っています。あらゆる話題について話しながら様子を見ましょう。コーリー、ようこそ来てくださいました。

CG: どうも。

DW: では初めの質問はbanjoman1437からです。我々のいる星団が高次振動地域へ入域している、ということですが、実際、銀河に高次振動域が元々あって私達の星団は物理的にその中へ移動しているのですか? それとも、私達は3次密度から4次密度、そして5次密度、6次密度へと上昇していて、場所・地点というのはホログラフィックな意味合いなんでしょうか?

CG: これはかなり大きな質問ですね。ですが私が話してきた内容ではYESです、銀河の中心から常に大規模な光線が放たれています。ありとあらゆる種類のエネルギーが干満しながらいつも銀河の中心から放出し、地球や太陽系を打ち続けています。

DW: 従来の科学では銀河の中心はブラック・ホールだとされていますが、ブラックホールを見ることはできませんね。科学者達は、途中にある巨大な星団の向こう側に隠れているんだと言っていますが。
CG: ええ。ですがみな知っての通り、銀河は巨大なトーション・フィールド(歪み領域)です。フィールドの一部は黄道面になっていて北と南のように分かれていて、それぞれの領域がそれぞれに異なる方向へ回転しているのです。

DW: 二重反転ですね。

CG: 二重反転です。

DW: 私の著書「ソース・フィールド」("The Source Field")に記しましたが、銀河には実際のところ2種類の星があり、二重反転をしています。一つは時計回り、もう一つは反時計回りです。科学ではそれも判明していますが、何故そうなるか、それが何であるかは説明されていません。あなたの説明の裏付けになりますね。これは宇宙プログラムにいないと聞けない情報でも何でもない。

CG: ええ。こういう情報はいくらでもインターネットにあります。我々の太陽系やここ近辺の星団は言われての通り、この巨大なトーション・フィールド内を回転しています。そして我々は銀河の異なる領域に入っていっているところです。少なくとも1930年代から、高密度の雲、高エネルギー粒子の領域にです。高エネルギー粒子でできたネブラ型の巨大星雲帯のどんどん奥へ進み、この星のフィールドがそのエネルギーと交流し続ける間に、トーション・フィールドのエネルギー場を通してその高エネルギーが星の中に取り込まれます。これが以前話したコズミック・ウエブ効果を介し、惑星のフィードバックという形でエネルギーを放つのです。

Translator: Rieko

Tuesday, December 29, 2015




George: Espero que hayan tenido La oportunidad de ver mi primer programa con Corey Goode, un informante que pasó 20 años en el Programa Espacial Secreto. Si no lo has visto, justo después de ver éste capítulo te aconsejo  ir y buscarlo en nuestros Archivos de “Mas alla de la creencia”  ("Beyond Belief") . No lo vas a creer!

Corey, bienvenido de nuevo! Es bueno tenerte aquí otra vez.

Corey: Gracias.

George: Sabes, me sorprendiste en nuestro primer programa, porque es aterrador pensar que hay un verdadero programa del gobierno que captura a nuestros hijos a la edad de seis años, y empieza a entrenarlos y a manipularlos. ¿De quién fue la idea? ¿Alguna vez te enteraste?

Corey: No tengo ni idea de la génesis de cómo esto se inició

George: Brillante, supongo.

Corey: Sí, lo es, sí.

Noory: ¿Cuántas personas crees que estén  involucradas en el programa ahora?

Corey: Tendría que especular por completo.

Por favor, léan mas en

Muchas gracias

Traductor al Español: Rossana Carmona Gil

Thursday, December 24, 2015

Français -- Saison 2, Episode 6


Divulgation Cosmique : Nous n’avons jamais été seuls
Saison 2, Episode 6

 DW: Bonjour. Bienvenue à ‘Divulgation Cosmique’. Je suis votre hôte, David Wilcock, et je suis ici avec l'initié des initiés, Corey Goode. Ce que nous apprenons, c'est que l'efficacité de l'ensemble de cette conspiration vient du fait que tout a été orchestré par des groupes qui étaient extrêmement secrets, depuis le tout début.

Et précisément, nous avons parlé de sociétés ésotériques allemandes. Donc Corey, parlons un peu de cela. Que se passait-il dans ces sociétés allemandes? Comment faisaient-ils pour s'assurer que quelqu'un n’allait pas se mettre à moucharder?

CG: C’était ancré dans la structure même de la société secrète. Ces gens étaient très loyaux. Ils avaient été élevés dedans depuis l'enfance. Et c'était leur mode de vie. Toute autre personne était un étranger. Tout le monde à l'intérieur faisait partie de l'équipe, de la famille. Donc, aller moucharder à l'extérieur, je veux dire, pourquoi cela se produirait-il?

DW: Disons dans les années 1930, alors que l'Allemagne est en voie de devenir une autre grande puissance industrielle, si quelqu'un dit, je ne peux plus gérer cela. Je suis fatigué de ceci. Je sors de là. Qu'arriverait-il à cette personne?

CG: Très semblable à ce qui arriverait à un homme d'Al Capone ayant une révélation similaire et un changement de conviction. Il finirait par ‘manger les pissenlits par la racine’, je suppose, comme on disait à l'époque.

DW: Donc le fait est que les gens ne sont pas du tout enclins à vouloir parler. Alors vous avez un ordre ésotérique. Et vous avez dit la dernière fois, qu'ils ont une grande puissance physique. Ils contrôlent le système de l'argent et l'industrie?
CG: Et ce, depuis un certain temps.

DW: Comment s'assurent-ils de la loyauté? Ont-ils des rites initiatiques dans lesquels vous avez à jurer de garder le secret sous peine de mort, des choses comme ça?

Tuesday, December 22, 2015

Japanese -- Season 2, Episode 12




DW: こちらは「コズミック・ディスクロージャー」、私は司会のデイヴィッド・ウィルコックです。こちらにコーリー・グッドをお迎えしています。秘密宇宙プログラムに勤務していたインサイダーです。コーリー、当番組へようこそ。
CG: どうも。
DW: 最初からとても興味をひかれていることがあります。ダニエルというインサイダーとの接触をしていたんですが、彼はフェニックス3( Phoenix III)というプロジェクトに参加していたそうなんです。彼が勤務していたのはロング・アイランド、モントーク岬にあるブルックヘブン国立研究所(Brookhaven National Labs)です。大半の人はこのプロジェクトをモントーク・プロジェクト(Montauk Project)と呼んでいます。前にも話しましたが、あるUFOの座席部をとても強力な変成器に繋いだものがあり、そのシートで操作する人間のサイキック能力を増幅させるのです。そして室内にものを具現化したり、時空を移動できるポータルを作ったりするといいます。ダニエルとはこの件についてかなり長時間かけて話をしたのですが、そのポータルを通過する際、人体にかなり異常なことが起きると何度も言っていました。ここから今回の話を進めていきたいのですが。従来の考え方では、30歳の人が未来に送りこまれたとしたら、その未来にいっても身体は30歳のままだろうと思うのですが。あなたの知っている情報では、これで合っていますか? それとも何か違うことが起きますか?
CG: 私自身に起きたケースですが。私は"20 and back"プログラムにいました。初めに受けた説明では、20年間勤務し、その後、おかしな話に聞こえるでしょうが、年齢退行を受けてまた元の時間まで戻されると言われたんです。
DW: 戻される?
CG: 元の生活に、です。私が去った時間の2~3分後の時点に戻されるのです。
DW: でもそれだと問題がありますね。宇宙に20年間いたんだから年をとっていますよね。
CG: そうです。それをどうするかというと、20年が経つと‐‐ 私の場合、21年間でしたが‐‐ 月運営司令部(Lunar Operation Command)に戻されます。そこで大量の報告作業をし、あらゆる書類に署名をします。それから台に寝かされ、鎮痛剤を打たれて動けない麻痺状態にされます。年齢退行プロセスの最後まで、完全に静止状態でなければなりません。そして薄い段ボール紙のようなボードで囲いをされます。発泡体のサポートに縛られ、重りのようなものも使って段ボールのようなボードをさらに身体に沿って囲ってゆきます。全プロセスに2週間かかりました。その間、彼らがテクノロジーを使って身体を20年間若返らせます。プログラムに参加した時点まで戻すのです。大人になる過程でタトゥ-を入れた人、傷跡や怪我が残った人もいますが、それらは消えてなくなります。そして年齢退行するんです。このプロセスを経て元の生活に戻された人が催眠を受けたり記憶退行を受けると、消えた傷跡やタトゥ-が束の間だけ現れてまた消えてゆく、といったことが起きます。これは細胞記憶の一種です。

DW: あなたが名乗り出た頃は知らなかった情報ですが、もうずいぶん前、2000年あたりですが、ネットでとても奇妙な本を読みました。火星の記録The Mars Recordsという本です。ある男性が書いたもので‐‐ その頃は他に何のデータもなく他情報との関連付けはできませんでしたが、とても嘘とは思えませんでした。ただ直感で、間違った情報とは思えなかった。その彼が、いまあなたが話している内容とまったく同じこと、秘密宇宙プログラムについて説明していたんです。彼にはかすかな記憶しかないけれど、火星あたりにいたこと、彼はサイキック能力があってそれを使った殺人をしていたと。テレキネシス(念力)がとても得意で、それを活用したターミネーション(殺人)技術に関わっていた、とありました。人のシナプスを焼き切っていたそうです。1970年代にその任務につき、任務終了にあたって報告業務を終え、20年間分の年齢退行を受けて元の時間・場所に戻されたんです。20年間働き、年齢を退行させた。あなたの言っていることとまったく同じですね。人のシナプスを壊すようなサイキック・トレーニングを受けている人をあなたは知っていましたか?
Translator: Rieko